手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

女医

整体の仕事をする上で

医師

ダブルライセンスの有用性

手に職をつけたいと思い、整体師を目指す方が増えています。整体師は資格がなくてもなれ、腕が良ければ客も集められます。行うことは体の歪みや不調を正す事であり、利用者の体に触れる仕事です。その為、信頼も重要となります。似た仕事で国家資格の鍼灸師やマッサージ師があり、無資格または認定資格の整体師では最初の信頼度が違います。その差を埋める手段としてダブル・トリプルライセンスを取得することです。資格があっても技術がないと客も来ませんが、一般的に希望する客は実績や資格で信用し、足を運びます。整体師だけでなくリフレクソロジー等、幅広く対応しているとアピールできることは、客に信頼を与えますし、自身もできる事が増えたり、他とは違う特色を出すことができます。

信頼ある専門家として

整体師として生業を開始するとき、一番の集客方法はネットでの広告です。ホームページ作成し、自分の整体院を紹介し、アピールします。体の歪みや不調を感じた時、ネットで検索する人が多いので、広告紙を作成する料金も抑えられます。注意しなければならないのは誇大広告と治療できる事を示してはならないことです。整体師は国家資格の柔道整復師やマッサージ師が行う事をしてはならないと法律で決まっています。治療院と掲げてもいけません。治療できる場ではないので、治療できると誤解させてはならないのです。また症状を診断できるのは医師なので、診断もしてはいけません。整体師は体の歪みやストレスによる不調を改善するようにする事です。

合格の可能性を高めるには

女性

理学療法士試験は、合格率が少しずつ低下しており、難化傾向にあります。また、養成校での試験対策が十分かどうかで合否が左右されることもあります。残念ながら不合格になってしまった方や、確実に合格したい現役生は、予備校の利用を検討しましょう。資格対策に絞った授業が展開され、合格の可能性が大幅に高まります。

もっと見る

健康を支える専門職

女の人

東洋医学系の資格を取得する方法は、基本的には養成校を卒業して国家試験に合格する必要があります。社会人の学生も多いです。養成校の学費は比較的高いので検討が必要です。病院以外にも活躍できる場所を調べておくといいです。

もっと見る

社会的な役割を担う仕事

カウンセリング

ソーシャルワーカーは主に社会福祉士と精神福祉士のことを指し、精神的、身体的、日常的、または精神障害者の相談、援助を通して社会復帰や福祉施設等への連携、調整を行う立場です。現在は資格がなくとも働けますが、資格があれば信頼性は高まる。資格取得の方法は様々あり、自分に合った方法で目指すことが出来ます。

もっと見る