合格の可能性を高めるには|手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

男の人

合格の可能性を高めるには

女性

理学療法士試験の合格基準を確認すると、実技や実習で培った知識が問われる実地問題を120点満点中43点以上得点し、なおかつ、総得点で概ね6割の正答率が基準です。試験の合格率は、年度によって変化するものの、近年ではほぼ80%程度で落ち着いてきている感があります。数年前までのの合格率は、90%台で推移していましたから、近年は、少し難化傾向にあるといっても良いでしょう。理学療法士試験は、養成校に通学することで受験資格を得ることができますが、合格できるかどうかは養成校次第という側面がかなり強くなります。各養成校では多くの場合、学校単位の合格率を発表していますが、これが高い場合には、試験への対策がしっかり行われている証と言えます。過去問対策や模擬試験の実施に積極的な養成校を選ぶほど、理学療法士試験には合格しやすくなるのです。

理学療法士試験の合格率が低下していることもあり、現役では残念ながら合格できなかったという方も中にはいらっしゃいます。合格できなかった場合には、翌年の試験にトライすることとなりますが、完全に独学となると、やはり現役生よりも不利な環境となってしまいます。このような状況から、理学療法士試験の対策を行ってくれる予備校が登場し、既卒生からの人気を集めているようです。予備校では、試験にフォーカスを絞った授業や実習が展開され、模擬試験や過去問対策など、問題を解く訓練も十分に行われます。受講生は既卒生が中心ですが、近年では、通信コースや週2回程度の通学コースも展開され、現役生もWスクールとして利用できる環境となっています。もし、養成校の試験対策だけでは物足りないという方は、予備校の活用も検討してみると良いでしょう。