健康を支える専門職|手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

男の人

健康を支える専門職

女の人

たくさんの職種があります

医療系の資格には様々なものがあります。高度な医療専門職では医師、歯科医師、薬剤師が挙げられます。また、東洋医学系では柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師が挙げられます。こちらは施術所を開業することができる点が特徴的です。そのほかにも医療を事務的な面で支える診療情報管理士や医療事務がありますし、福祉系の社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士なども医療に携わることもあります。このように様々な資格・職種が医療に関わっています。

学生の年齢層も様々です

医療系の資格を取得するためには、基本的には養成校(大学、短大、専門学校など)を卒業して国家試験に合格する必要があります。最近では大学等を卒業した後や社会人になってから医療系の専門学校に入学する人も多く、年齢層は様々です。医療系の有資格者は病院や福祉施設などの求人に応募することができるため就職に有利です。ただし、大きな法人や病院だと求人に年齢制限がある場合があるため注意が必要です。また、医療系の資格を取れる養成校は、実技や実習、設備や用具などの関係もあり学費が比較的高い傾向があります。奨学金や割引制度などの有無、交通費なども含めて様々な学校を比較しておくことも大事でしょう。インターネットを活用すれば、簡単に比較することが可能です。これからの少子高齢化の時代は健康を支える有資格者の活躍フィールドが広がることが期待されています。資格取得の際にはどんな場所で働くことができるかもよく調べておくといいでしょう。