社会的な役割を担う仕事|手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

手に職を持ちたいなら整体師がうってつけ|早速資格をゲット

男の人

社会的な役割を担う仕事

カウンセリング

知識と経験が必要

ソーシャルワーカーとは社会福祉援助技術を用いて、困っている人の相談や援助を行う仕事です。現在の仕組みではソーシャルワーカーは資格がなくても仕事に就くことは可能です。しかし、資格があることで利用者、医療や福祉機関、事業所との関係性は変わってきます。ソーシャルワーカーの資格は一般的に「社会福祉士」「精神福祉士」のことを指します。社会福祉士は主に身体的、精神的、日常的に障害がある人の相談に乗り、福祉施設や保健医療サービスへの連携と調整を行います。精神福祉士は精神障害者、または精神障害の治療を受けている人に対し、日常生活や社会復帰への相談、援助、指導を行います。これらは立場上、豊富な経験と知識がないと行えない役割であり、資格取得者と未取得者では信頼性、信憑性が大きく異なります。ソーシャルワーカーの名称は資格があるからこそ成り立つと言えます。

様々なルートでの取得

ソーシャルワーカーは福祉系の4年制大学を卒業することで受験資格を得ることが出来ますが、それ以外にも受験資格を得る方法があります。一般の4年制大学卒業では1年以上の養成施設、2年制の短大では実務経験2年以上と養成施設、大学を出ていない場合は実務経験4年以上と養成施設を卒業することで受験が可能となります。また、養成施設は通信や夜間の場所も多く、働きながら通うことが出来ます。今の自分の状況に照らし合わせ、様々な選択肢の中でソーシャルワーカーの資格を目指すことが可能です。ソーシャルワーカーの活躍の場は医療機関、行政、社会福祉施設など様々です。近年では求められる知識も高まってきており、今後は資格取得が必須になると予想されています。ソーシャルワーカーを目指すなら早いうちに資格を取得をし、知識と技術の向上を図るのが良いでしょう。